便秘茶とハーブティーの違い


「お茶」と言っても様々な種類があります。
緑茶や紅茶、中国茶、ハーブティー、それに便秘茶などの健康茶等々。
便秘茶が何に分類されるのか気になる方もいるかもしれません。
下記を参考にして下さい。

みか さん
便秘茶とハーブティーの違いはなんですか?

ちり さん
大きく分ければ便秘茶もハーブティーに分類されますが、便秘茶に含んでいる成分に違いがあります。

便秘茶とハーブティーの違いをご存知ですか?

便秘茶にはほとんどの場合「キャンドルブッシュ」と言う植物が配合されていますが、実はこのキャンドルブッシュもハーブの一種です。
という事は、便秘茶もハーブティーと分類して良いのでしょうか?
ハーブティーと便秘茶は何が違うのか、考えてみたいと思います。

ハーブの定義

まず「ハーブ」と言うのは、保存料、薬、香料、防虫などに利用する植物であり、香りに鎮静や興奮等の作用があるものと捉えられている事が多いです。

ハーブのイメージでは、リラックス効果などを期待されるカモミールやラベンダー、それに料理の肉の臭みを消すローズマリーなどを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、案外ハーブとは広域な意味を持っているようです。
例えばハーブのイメージからは遠いニンニクやドクダミなども、実はハーブの一種なのです。

みか さん
ハーブと一言で言ってもとても幅広いんですね。
まさか、ニンニクもハーブの一種だとは思いませんでした。

ちり さん
ですよね。私も最初に知った時は驚きました。

ハーブティーの定義

では次にハーブティーの定義について確認してみます。
ハーブティーはハーブを乾燥させて、煮だして飲むものです。
ひとつのハーブを入れるだけでなく、数種類のハーブを一緒に煮だして飲むこともあるようです。
ハーブティーのレシピを調べてみると、様々なブレンドティーのものが見つかります。

そこでキャンドルブッシュもハーブであるならば、キャンドルブッシュのハーブティーもあるのかどうか調べてみましたが、見つけることは出来ませんでした。

便秘茶の定義

そして最後に便秘茶の定義について考えてみましょう。
とは言っても「便秘茶」と言う言葉は、言わば便秘に効くお茶と言う意味から作られた造語です。

ですから正しい定義と言うものを表すのも難しいのですが、ここでは「便秘薬に頼らないで便秘を解消できるお茶」と言う風に考えたいと思います。

そして冒頭でも述べましたが、便秘茶と言われる商品の多くはキャンドルブッシュと言う植物が配合されています。
なので便秘茶と言うのは、キャンドルブッシュを含むブレンド茶とも定義できるのではないかと考えています。

みか さん
キャンドルブッシュが含まれているのかいないのかによって、分けられている感じなんですね。

ちり さん
全てではないですが、ほとんどの便秘茶にはキャンドルブッシュが含まれているので、そのような捉え方で問題ないと思います。

ハーブティーと便秘茶とを分けなくても良いかもしれない

それぞれの定義を考えて来ましたが、便秘茶もハーブティーもハーブを含んでいる訳ですから、結論としては特にその二つを明確に区別する必要はないのではないかと考えます。

敢えてその関係性について定義するのであれば、ハーブティーと言うのはハーブを煎じたお茶であり、便秘茶はハーブを含むブレンドティーで、便秘解消の効果を期待出来る物、と言うような感じではないかと思います。


便秘に効くレシピ

ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶