センナとキャンドルブッシュは下剤?


便秘に効くと評判のお茶を調べていると、センナやキャンドルブッシュという成分を見かけることが多いと思います。
これらはどういった成分なのでしょうか。

みか さん
便秘解消のお茶の成分の中にセンナやキャンドルブッシュといった成分を見かけるんですが、これは何ですか?

ちり さん
最近はセンナが便秘解消のお茶の成分に含まれていることはほとんどありませんが、キャンドルブッシュに関してはほとんどの便秘解消のお茶に含まれていると言っても過言ではありません。

これらは、便秘解消効果が期待できる植物のことです。


みか さん
植物なんですね。
気になったのですが、便秘時に服用する下剤との違いはあるんですか?

ちり さん
下剤だとしたら、飲むのをためらってしまうという方もいるかもしれませんね。
実際どうなのかを説明したいと思います。

センナは下剤か?

みか さん
センナが便秘解消のお茶に含まれなくなったのはどうしてですか?

ちり さん
センナは以前は便秘を解消するためのお茶によく含まれていました。
しかし、ある時期にセンナが含まれた健康茶が薬事法違反によって、一斉に回収されたからです。

実はセンナの果実や葉っぱは医薬品として扱われるものであり、本来お茶などの食品に使用する事はできません。
しかし実際にはそれらを含んだお茶が販売されていたため、一斉回収となったのです。
医薬品として取り扱われるという事は、要するに下剤であると判断されます。

ただしセンナの茎は食品扱いとなり、今でもセンナのお茶と言うのは販売されています。

キャンドルブッシュは下剤か?

現在、便秘茶に使われる植物として最もポピュラーになっているのがキャンドルブッシュです。
効果があると評判になっている便秘茶には、おおむねこのキャンドルブッシュが含まれています。

みか さん
じゃあ、キャンドルブッシュだったら、薬事法違反にはならないんですか?
医薬品ではないんですか?

ちり さん
国民生活センターが以前発表した資料には、キャンドルブッシュは下剤として作用する可能性があると記載されています。
しかし、現状は医薬品ではなく食品の扱いとなっています。

実際キャンドルブッシュも、センナと同じ「センノシド」と言う便秘を解消する成分を含んでいます。
また便秘茶の成分を調べると、このセンノシドの濃度は下剤としての作用がある量が検出されます。
ですから便秘茶のパッケージや公式HPなどでは、飲み方をしっかり説明しているはずです。
これは適当な数字ではなく、その量を守る事で下剤としての作用を期待できるものになっているのです。

みか さん
飲み方が大事なんですね。

ちり さん
そのとおりです。
説明や注意事項をしっかりと把握して飲むようにしましょう。

下剤が悪と言う訳ではない

このように現在主に販売されている便秘茶に含まれるキャンドルブッシュにも、下剤として作用する成分が入っているという事です。
下剤が入っているとなると、飲むのをためらう人も出てくるかもしれません。
また常用する事で効かなくなるのではと心配になる人もいるでしょう。

しかし、実際深刻な便秘の場合には、たとえ下剤を使ったとしても腸内にたまっている不要物は排出する必要があるという事も事実です。

便秘の原因は様々で、もちろんそれを根本的に解決出来れば良いのかもしれませんが、それができないから便秘になっているとも言えます。
そして便秘になる事がさらなるストレスとなり、どんどん便秘が悪化するという事にもなりかねません。

そんな時は、まずは下剤の力を借りてでもひとまずいらないものは排出しなければならないのではないでしょうか。

便秘になる事で肌荒れなどはもちろん、体内にも悪影響を及ぼしますし、最悪の場合大腸がんなどの原因にもなり得ます。

みか さん
下剤というと薬なのでどうしても、体に悪いと思ってしまいますが、便秘時に起こる悪影響や出ない辛さに比べたら、飲んだほうがいいかもしれないですね。

ちり さん
下剤=悪と決めつけるのではなく、必要な時には用量や用法を守って取り入れる事が必要だと思います。
下剤の効き方は人によって違いますし、また同じ人でもその日の体調によっても変わってくることがあります。
自分に合った飲み方を探って、うまく付き合っていくようにしていただけたらと思います。


便秘に効くレシピ

ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶