妊娠中や授乳中に便秘茶を飲んでも大丈夫ですか?


便秘茶を飲んだ場合の母体や胎児、乳児への影響は?
妊娠中や授乳中に便秘になってしまった場合に便秘茶を飲んでも大丈夫なのかどうかを解説しています。

みか さん
妊娠中なんですけど、便秘茶を飲んでも大丈夫ですか?

ちり さん
妊娠中や授乳中に摂取するものは、お母さんの身体だけではなくお腹の中の胎児や赤ちゃんにも影響する事になります。
便秘茶を妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫かどうかという事について、説明していきますね。

妊娠中・授乳中は避けた方がよいものが多い

妊娠中や授乳中は赤ちゃんの身体への影響ももちろんですが、母体そのものが敏感になり普段とは違う状態ですので、避けた方がよいとされる食品も色々あります。

みか さん
具体的にはどういったものがありますか?

ちり さん
例えばその代表ともいえるのが「カフェイン」です。
言うまでもなくコーヒーや紅茶などに含まれている成分になります。
覚醒作用などの効果があるとされるこのカフェインは、妊娠中や授乳中には摂取しない方が良いと言われています。

その他にも食品や飲料、そして薬などのパッケージには「妊娠中授乳中はお避け下さい」等の記載があるものも多いので、妊娠中や授乳中の人は摂取する前によく確認する事が大切です。

妊娠中・授乳中は便秘になりやすい

みか さん
元から便秘体質ですが、妊娠してからさらに酷くなった気がするんですが…?

ちり さん
確かに妊娠中や授乳中は便秘になりやすい傾向にあります。
妊娠中は子宮が大きくなり腸が圧迫する事も、その原因のひとつと言われています。
また授乳中には水分を母乳に持って行かれ、水分不足から便秘になりがちなようです。

ただでさえお腹が大きく苦しいところに、便秘になれば更に苦しさは増しますし、身体にも良くないですから、早々に便秘は解消したいところですが、妊娠中や授乳中に便秘茶を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

基本的には控える方が安心

現在販売されている便秘茶のほとんどに、キャンドルブッシュという植物が入っています。
こちらに含まれているセンノシドという成分が、結果的には排便を促し便秘を解消してくれるものです。
このセンノシドは下剤にも使われています。

みか さん
下剤に使われている成分が入っているなら妊娠中は便秘茶を飲まない方がいいのですか?

ちり さん
センノシドは下剤に使われて、排便を促すだけではなく、子宮の収縮を促進する働きがあるために、妊婦には禁忌な薬です。
量は薬に比べれば少ないと言っても、同じセンノシドが入っている便秘茶は、妊娠中の方は避けておいた方が良いと思われます。

みか さん
授乳中もやめた方がいいですよね?

ちり さん
そうですね。こちらもやはり控えた方がよいようです。
なぜならお母さんが飲んだセンノシドが、母乳を介して赤ちゃんの身体にも入ってしまって、赤ちゃんが下痢をしてしまう可能性があるとの事で、実際その事例があるそうです。

便秘茶に含まれるセンノシドの量は、薬と比べればわずかであると言えますが、やはり妊娠中や授乳中は、赤ちゃんの安全が何よりも優先されることです。
ほんの少しであっても何か起こりうる可能性があるのであれば、やはりそれはやめておくべきなのではないでしょうか。
そういった意味で、妊娠中や授乳中に便秘茶を飲む事はお勧めしません。

妊娠中・授乳中の便秘はどうしたらよいか

みか さん
便秘茶は飲まない方が良いのはわかったけれど、では便秘はどうしたら良いでしょうか?

ちり さん
単純な回答かもしれませんが、かかりつけの産婦人科医に相談してください、という事になります。
そうすれば妊娠中や授乳中に飲んでも安全な、やさしいお薬を処方してくれるはずです。

妊娠中や授乳中に便秘が続いてしまう事は、お母さん赤ちゃん両方にとって良くない事ですから、恥ずかしいなどと思わずにちゃんと相談するようにして下さい。


便秘に効くレシピ

ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶