HACCP対応工場とは?


ホームページ等で「HACCP対応工場で製造しています」といった表記を見かけたことがある方がいるかもしれません。
このHACCP対応工場とはどのような事に対応している工場なのでしょうか。

みか さん
便秘茶の公式ホームページを見ていたら、「HACCP対応工場で製造しています」と書いてあったんですが、HACCP対応工場とはどんな工場なんですか?

ちり さん
確かに、あまり聞き慣れないですよね。
こちらではHACCP対応工場について詳しくご説明したいと思います。

「HACCP」とは

工場などでものを作る際、品質管理や衛生状態の管理手法がいくつかあります。

有名なものとしては国際標準化機構が定める環境マネジメントの基準です。
その中でもよく見かける『ISO14001』は、PDCA(Plan→Do→Check→Action)、と言う4つのサイクルを繰り返し、継続的に改善しようとするものになります。

環境マネジメントというのは、より自然環境に負担をかけない仕組みの上でものを作っていこうとするものです。
それは1度見直しておしまいと言うわけではなく、常にその姿勢で改善を続けて行くと謳っているのがISO14001になります。

そのような継続的なシステムを構築した工場などは、その事を外部の機関に認定してもらう事によって、ISO14001取得と発表する事が可能になり、社会的な信用度も増す事になります。

そしてHACCPも同じように、ものを作る時の管理手法の一つです。
食品や飲料などの人の口に入るものの衛生管理は特に重要な事です。
ニュースなどでO-157やノロウィルス、または虫やカビなどが製造過程で食べ物に混入したという事件が時折報道されますが、本来そのような事はあってはならない事です。

HACCP対応工場とはそのような事が起きないような、安全なシステムを作り継続的に運用するような仕組みができている工場であるという事になります。

みか さん
衛生管理ができていて、安心できる工場ということですね。

ちり さん
そうですね。
HACCP対応工場であるという事は、安心して口に入れられる食品を作っていますと宣言していると言えるのです。

HACCP対応工場の特徴

公益社団法人日本食品衛生協会のHPによれば、HACCPには7原則というものがあります。

 HACCP7原則
1工程ごとに原材料由来や工程中に発生しうる危害要因を列挙し、管理手段を挙げていきます
2危害要因を除去・低減すべき特に重要な工程を決定します(加熱殺菌、金属探知等)
3危害要因分析で特定したCCPを適切に管理するための基準を設定します(温度、時間、速度等々)
4CCPが正しく管理されているかを適切な頻度で確認し、記録します
5モニタリングの結果、CLが逸脱していた時に講ずべき措置を設定します
6HACCPプランに従って管理が行われているか、修正が必要かどうか検討します
7記録はHACCPを実施した証拠であると同時に、問題が生じた際には工程ごとに管理状況を遡り、原因追及の助けとなります

みか さん
何だか難しいです……
わかりやすくお願いします。

ちり さん
了解しました。
要するに危害になるものにはどのようなものがあり、それがどのような時に危害となるのかをまず考えるということです。
つまりは原因をはっきりさせる事で、その対策も取れるという事です。

しっかりと危害となるものに対しての対応ができているかを確認し、もしも基準から外れるところがある場合にはどうしたらいいのか、またそれを記録に残しておくべきかといった事がガイドラインで決められています。

これらは原則ですから、もちろんこれだけ守ればいい訳ではなく、この原則を基に様々な規則も作られています。
それらに則り、しっかりとした管理体制で食品を作っている事が認められるとHACCPの認定となるのです。
HACCP対応工場とは、第三者機関がチェックしたマニュアルが認められて、安全であると保証された工場という事です。

HACCP対応工場で作られた便秘茶を選ぶべきか

前記のようにHACCP対応工場で作られたと、明記してあれば安心な事は確かです。
食品が細菌などに汚染されるリスクなどは、HACCPに認定されていない工場に比べればもちろん低いと考えてよいと思います。

みか さん
HACCPに認定されていない工場で製造されたものは買わない方がいいってことですか?

ちり さん
そんなことはありません。
HACCP対応工場でないからと言って、そこが衛生管理がしっかりしていない工場だという事にはなりません。
違う衛生管理の手法によって管理している工場である場合や、特に第三者機関の認定を受けていないだけであり、実際はもっと厳しい管理の下製造しているという可能性もあります。

みか さん
でしたら、目安として考えればいいってことですか?

ちり さん
そうですね。
少なくても絶対にHACCP対応工場で作った便秘茶を選ばなければいけない、という事はないと思います。
今はインターネットでの評判や口コミなどもありますから、万一にでも食品に細菌などが混入すれば大変な騒ぎになります。
HACCP対応工場でないからと言って、衛生管理がしっかりしていないのかというとそんなことはないでしょう。

参考までに以下はHACCP対応工場で作られている便秘茶になります。

  • スルッティー
  • デルモッティ
  • モリモリスリム

しかしもしどうしても気になるようであれば、お客様相談室などに電話をして、その工場の衛生管理について確認してみるとよいのではないでしょうか。
実際に自分が飲むものですから、納得してから購入する事をお勧めします。


便秘に効くレシピ

ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶