便秘が1週間続いた時の対処法


便秘で悩む方はたくさんいらっしゃると思いますが、中にはその状態に慣れてしまって、1週間くらいお通じがなくても放置している方も少なくないようです。

しかし、あまりに長引く便秘はもちろん身体に良くありませんし、時には命に関わるような事態になってしまう事も考えられます。

みか さん
1週間ほど便秘が続くことがあるんですが、対策方法はありますか?

ちり さん
1週間続くとお腹が重く感じて不快感も募ると思います。

お通じを正常に戻すための、具体的な対策方法につきまして紹介します。

参考にして下さいね。

健康的な生活習慣で正常なお通じを

1週間続く便秘であっても、2日出ない便秘であっても、解消方法は基本的には変わりません。
その方法とは、食事の内容を見直し、生活習慣を改善して、腸内の環境を整える事です。

食事内容の見直し

ちり さん
まずは食事内容の見直しです。

腸内の環境を整えたいと思うのであれば、まずは元となる食事の内容を見直すことが必要になります。どんな事に意識して食事を摂れば良いのかをまとめましたので、参考にしてください。

  • 水溶性と不溶性それぞれの食物繊維をバランス良く摂取する
  • 発酵食品や乳酸菌、オリゴ糖などを積極的に摂取し善玉菌を増やす
  • 量をしっかり食べて便のかさを増すことで便を出やすくする
  • 朝に腸の働きを活発にするために必ず朝食は摂る
  • 1日2リットルを目安に水分を摂取する

生活習慣の見直し

ちり さん
次は生活習慣の見直しです。

腸内環境は、不規則な生活やストレスの影響で悪化することもあります。
次のような事に気を付けて生活しましょう。

  • 睡眠を十分とるようにする
  • 好きな事をする時間を作り、ストレスをためないようにする
  • 筋トレやストレッチなどで腹部に刺激を与える習慣をつける
  • 血流を促進するために、マッサージや半身浴を行う
  • 便秘に効くツボを刺激する

これらの事をしたからと言って一朝一夕で便秘が解消するという事にはなりませんが、続けていれば必ず状態は改善されるはずです。

みか さん
辛くて今すぐにでもどうにかしたい時はどうしたらいいですか?

ちり さん
例えば1週間もお通じがなくて辛いという時、お腹が苦しくて今すぐになんとかしたいという時には、一時的に下剤や浣腸などの力を借りるというのも、選択肢のひとつではあります。

下剤は飲んでいると依存性が高くなり、飲まないと出なくなる可能性もあるので、できれば浣腸の方が良いかもしれません。

直接直腸に刺激が与えられるため、1週間出なかったような頑固な便秘にも即効性が期待できます。

長期間の便秘の危険性

一般的に排便は毎日あるのが正常だと言われていますが、それにも個人差はあります。

たとえ3日に1回だとしても、量が正常で色や形にも問題がなければ、それは便秘とは言いません。
しかし逆に毎日出ていたとしても、量が少なかったりスッキリしない状態が続いているようなら便秘と言えるでしょう。

みか さん
具体的にはどのような状態になると慢性的な便秘と判断されるのですか?

ちり さん
一般的に言えば、週2回以下の排便の状態が3ヶ月以上続いているような場合、慢性便秘と判断します。

たかが便秘と軽く考えている方も多いかもしれませんが、その便秘を放置しておくことで、命にもかかわる病気になる可能性もありますので、注意が必要です。

腸の中に長く停滞している便は、水分が徐々に吸収されるので固くなって行きます。
その後から出来た便も排出できず、どんどんたまって行く事になります。
それらの便を糞塊埋伏と言いますが、その状態になると本来毎日排便と共に排出されるはずの毒素も腸内にたまって行きます。
そうすると大腸がんや動脈硬化など、重篤な病気の引き金となってしまう事があるのです。

1週間以上排便がないような場合や、排便時に違和感や痛みがあるような場合、またお腹が常に張っていたり便やガスが異常に臭うなどと言うような場合には、1度安心のためにも受診するようにしましょう。

便秘と肌荒れや体調不良との関係

みか さん
便秘と肌荒れは関係あるんですか?

ちり さん
便秘と肌荒れは大きく関係しています。

他にも様々な体調不良と便秘は関係しているので、以下でご確認下さい。

肌荒れ

便秘と肌荒れの関係が近年注目されています。
1週間排便がないなど、便秘が長期化すれば肌の調子が悪化しますし、逆に便秘が解消すれば肌荒れは改善されます。ですから腸内の環境を整える事はお肌にとっても重要と言えます。

腰痛

便秘と腰痛は密接な関係があります。
腰と腸は近い位置にあるのでお互いに影響するのです。
便秘が思わぬ病気の症状であるような場合もありますし、生活習慣など共通の原因によって腰痛と便秘が同時に引き起こされているケースもあります。

胃痛

「胃腸」という言い方をするように、胃と腸も密接な関係にあります。
どちらもストレスや体調の影響を受けやすく、それによって機能が低下することが多くなります。
胃痛と便秘が同時に発症しているようなケースでは、それが同一の原因であることも少なくありません。

片頭痛

片頭痛と言うのは、頭の片側に脈打つような痛みを周期的に感じるものです。
めまいや吐き気を伴ったり、耳鳴りがしたりと非常につらい症状です。
自律神経の乱れが原因の場合がありますが、同じように便秘も自律神経が乱れることで起こる場合もありますので、片頭痛と便秘の両方が自律神経を整えることによって解消するケースもあります。

便秘の種類

一言で便秘と言っても、原因や症状も様々ですし、それに対する対処法も色々です。
生活習慣や食生活の乱れから来る便秘もありますし、命にかかわるような重大な病が潜んでいるような便秘もあります。
ですから、たかが便秘とあなどって自己判断することは大変危険な事だと言えます。

みか さん
便秘にはどのような種類があるんですか?

ちり さん
色々な種類の便秘があります。

特徴を知ることで適切な対応ができるようになるので、しっかりと把握するようにしましょう。

機能性便秘

機能性便秘というのは、日々の生活習慣や食生活が原因で起こる便秘のことです。
大腸の機能が低下する事が直接的な原因ですが、腸の病気などによるものではないという事が、一番大きな特徴になります。
機能性便秘にも2つの種類があります。
ひとつは弛緩性便秘と言って、大腸の筋肉がゆるむ事が直接の原因です。
わかりやすく言えば便を押し出す力が足りないために便秘の状態になるというもので、高齢者や女性がなりやすいと言われています。
そしてもうひとつが痙攣性の便秘です。
こちらはストレスによる場合が多い便秘で、自律神経の乱れによって大腸の働きが正常でなくなります。
便を押し出そうとする運動が強すぎる事で痙攣状態になります。
便秘と下痢を交互に繰り返すのに加えて、強烈な下腹部痛が起こることも特徴と言えます。

器質性便秘

腸などの病気に起因しない機能性便秘に対して、器質性の便秘は腸や胃、肛門その他の器官の疾患を原因として便秘状態になる事を言います。
生活習慣や食生活が原因ではないので、この場合は早急に病院を受診する事が必要です。
症状としては、原因となる疾患にもよりますが、便秘と共に血便や強烈な腹痛があったり、または嘔吐するなどいった事が考えられます。
そのような症状がある場合には、すぐに専門医に診察してもらいましょう。

慢性便秘と急性便秘

便秘の期間で分別しますと、1か月以上続く慢性便秘と、旅行などその他の理由で起こる一過性の便秘とになります。
通常便秘と言う時は、慢性便秘の事を表すことが多いかもしれません。
排便が週に2回以下である状態が3か月ほど続いているような場合、慢性便秘と判断されます。
もう一方の急性便秘とは、旅行などによって生活環境が変化した事などによって、一時的に便秘の症状が現れるもので一過性便秘とも呼ばれるものです。

慢性的な便秘が解消しない原因

みか さん
食生活や生活習慣に気を付けて運動もしているんですが、慢性的な便秘が解消しないです。

考えられる原因は何ですか?


ちり さん
腸などに器質的な問題もなく、食事内容や生活習慣を見直しても慢性的な便秘が改善しないよう場合は、もしかすると腸そのものに原因がある可能性もあります。

頑固な便秘が良くならない人に見られる、腸の問題には次のようなものがあります。

ねじれ腸

本来まっすぐのはずの大腸が、何かの原因でねじまがってしまっている状態を「ねじれ腸」と言います。
近年の調査によれば、便秘で悩む人の実に8割がこのねじれ腸だと考えられています。
ねじれ腸は遺伝的な要因なケースが多く、改善するのは難しいと言われていますが、ねじれた腸をほぐすようなマッサージをすることで、スムーズに便が流れるようにすることは期待できます。

鈍感腸

通常腸の神経細胞の働きが脳に伝わる事で便意を感じますが、何らかの原因で腸の神経細胞が変形してしまっていると鈍感腸と呼ばれます。
この鈍感腸の人の腸の神経細胞は、便秘ではない人と比べ7~10倍も大きかったり長かったりするそうです。神経細胞が鈍くなる事によって、直腸に便があっても便意を感じずに便がたまってしまいます。

鈍感腸を改善するには、自律神経を正常に戻すことが必要です。
しっかりと睡眠を取るなど規則正しい生活を心掛けることで、心と身体をリラックスさせて副交感神経を活性化させましょう。

下剤依存症

下剤というのは、腸を刺激して無理やり便通を促す薬です。
これを日常的に飲んで排便する習慣になってしまうと、腸本来の力が更に弱まって自力で排便できなくなります。
そうすると益々便秘は悪化しますので、そのような下剤依存症になる前に下剤を飲むのはやめ、生活習慣や食生活の改善で腸の働きを改善しましょう。

みか さん
下剤に頼りすぎると「クセ」になっちゃうんですね。
気を付けないと……

ちり さん
そうです。

もし既に下剤依存症になってしまっているようでしたら、一度便秘外来など専門医を受診するようにして下さい。

便秘に効くレシピ紹介





ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶