便秘でイライラする時に知っておくと役に立つ情報


世の中には便秘で悩んでいる方は非常に多くなっています。
特に女性にとっては大変ポピュラーな身体の不調と言っても過言ではないと思います。

便秘になると腹痛やお肌のトラブルなどが起こることがありますが、更にはイライラなど精神的な不調も引き起こされます。

便秘によってお腹が張ったり痛くなるのは分かりますし、お肌のトラブルも新陳代謝が悪くなるからではと想像できますが、なぜイライラなど精神面のトラブルまで起こってしまうのでしょうか。

みか さん
どうして便秘になるとイライラするんですか?

ちり さん
確かに便秘でイライラする人はとても多いです。

こちらでは便秘の時にイライラしてしまう原因と解消法について、詳しくご紹介したいと思います。

便秘になるとイライラする理由

便秘になるとその影響で、お腹が張ったり肌トラブルが起きたりする事が多くなります。

更には便秘で出ないにもかかわらず過食気味になったり、友人や家族などとの人間関係がギクシャクしてしまうという方もいるようです。

それは便秘によってイライラしているのが原因かもしれません。

便秘は本来すぐに体外に排出されるべき老廃物が、何日間も腸の中に停滞している状態です。
それらは日ごとに体内で腐敗し、そこから毒素が発生します。
この毒素が腸壁から吸収され、身体中にめぐってしまう事によって、様々な不調が現れることになります。

またこの毒素に含まれているアミン化合物という物質は、自律神経に作用します。
自律神経は自分で意識してコントロールする事ができない部分の身体の動きを司っています。

例えば睡眠や消化吸収、内臓の動きや呼吸なども自律神経の働きです。
そしてリラックスしたりイライラしたりと言う精神面も自律神経が関係しています。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、そのうち交感神経が優位になり過ぎるとイライラしたり落ち着かなくなったりするのです。

便秘によって発生したアミン化合物によって、イライラが増進しているというのが、便秘でイライラするひとつの理由です。

みか さん
便秘によるアミン化合物という毒素によって自律神経が乱れることでイライラしてしまうんですね。

ちり さん
そうですね。

他にも便秘による腹痛でイライラが募ることもあります。

また、体調がすぐれないとちょっとした事が気に障るという状態になる人も、多いのではないでしょうか。

便秘が長引くことによって、お腹が張ったり重苦しさや痛みを感じるという症状が出てきますが、その事でイライラしてしまうという事も考えられます。

イライラで便秘が悪化

胃腸の働きと言うのは、ストレスなどの精神の状態がすぐさま影響される傾向にあります。

ストレスで胃が痛くなったり、食欲が出ない、または緊張してお腹が痛くなるという人も多いと思います。

精神的な影響で下痢や便秘になってしまう事もあるのです。

便秘でイライラする理由については前項で述べた通りですが、このイライラでさらに便秘が悪化するという事もあります。

みか さん
出ないイライラで便秘が悪化するなんて、まさに悪循環ですね。

ちり さん
そうなんです。

また、妊婦の方はホルモンの影響で気持ちが不安定になりやすく、そのため便秘になったりイライラしたりしやすくなります。

便秘でイライラする時の対処法

便秘でイライラするのを解消したいのであれば、一番の方法は当たり前ですが、便秘を解消することです。
とは言ってもそんなに簡単に解消できないから、イライラしたり悩んだりしているのでしょう。

みか さん
イライラが止まらない時にいい対処法はありますか?

ちり さん
イライラしてどうにもならないという時には、温かい飲み物を飲んでみることをおすすめします。

温かいものには、心を落ち着かせる作用があります。

さらにそれがハーブティーなどであれば、より効果が期待できます。
ただしコーヒーや紅茶、また玉露などカフェインが多く含まれる飲み物は逆効果になってしまう事もありますので、注意が必要です。

カフェインには精神を興奮させる作用がありますので、イライラが強くなってしまう人もいます。
もしもどうしてもコーヒーや紅茶が飲みたいという場合には、多めにミルクを入れるなどの工夫をしてみて下さい。また少し砂糖などで甘くすることで、神経が落ち着きやすくなります。

その時にスウィーツなどを沢山食べ過ぎると、便秘は悪化してしまうので気を付けましょう。
甘いものが食べたい時には、果物や寒天などのゼリーや、和菓子などを選ぶと良いと思います。
含まれているビタミンや食物繊維が、便秘の解消にも役立ちます。

イライラしにくい便秘の解消法

ちり さん
こちらではリラックスしながら便秘解消をする方法をご紹介したいと思います。

まずは便秘を解消する

ちり さん
便秘期間が長い場合は便秘薬などですぐに解消するようにしましょう。

もうすでに長い間便秘の状態であるという方は、まず今の便秘を解消することを優先させてください。
便秘は長引けば長引くほど解消が難しくなります。
ですから市販の便秘薬などを使って、まず今溜まっている便を排出することです。
便秘薬には様々な種類がありますが、自分に合いそうな使いやすいものを選べば良いと思います。
ただし用法や用量は必ず守ってください。
妊婦の方は市販の便秘薬は使わずに、必ずかかりつけ医師に相談するようにしましょう。

温かい水分を多めに摂る

ちり さん
ノンカフェインの温かい飲み物を多く摂るようにしましょう。

水分が不足すると便秘になりやすいと言われていますが、だからと言って冷たい飲み物を沢山摂りすぎると、逆に胃腸の働きは低下してしまいます。
ですから温かい麦茶やほうじ茶、ハーブティーなど、なるべくノンカフェインの飲み物を多めに飲むようにすると良いでしょう。
また白湯も効果的です。特に朝起きてすぐに白湯を飲むと、内臓の働きを促してくれるのでお勧めです。

甘いものはフルーツや寒天で

ちり さん
和菓子やゼリーなど食物繊維が含まれているものを摂るようにしましょう。

甘いものが大好きな女性は多いと思いますが、糖分や脂質を摂り過ぎると腸内の環境が悪化し、便秘へとつながります。
ですから、甘いものを食べたい時にはフルーツや、寒天を使ったゼリーや和菓子などがお勧めです。
和菓子に良く使われているあんの原料は小豆ですから、食物繊維が豊富に含まれています。
和菓子はケーキなどの洋菓子と比べてもカロリーも低いですから、ダイエットにも有効です。
コンビニなどで売られているカロリーゼロの寒天ゼリーなどもおすすめです。

ゆっくりの食事と適度な運動

ちり さん
ゆっくりよく噛んで食事を摂るようにして、ウォーキングなど適度な運動をするようにしましょう。

いわゆる早食いは、食べ物の咀嚼が足りず、胃や腸に負担がかかりやすくなります。
さらに満腹中枢が刺激される前に沢山食べてしまうので、過食にもなりがちです。
ですから食事の時間は最低でも15分は掛けるようにして、ゆっくりよく噛んで食べるようにして下さい。

また激しい運動は必要ありませんが、適度に身体を動かすようにしましょう。
例えば20分間のウォーキングだけでも、効果があります。
適度な運動をする事でストレスの解消につながるので、イライラした時は散歩をするというのもひとつの方法です。

まとめ

便秘の時にイライラする理由と、その解消法についてご紹介してまいりましたがいかがでしたか?

女性の場合、生理前や妊娠時また更年期などホルモンの影響によって精神面が不安定になる事が多くなります。
そこにさらに便秘が原因のイライラが重なると、気持ちのコントロールが難しくなってしまう事もあるかもかもしれません。
そんな時は無理に気持ちを抑え込む必要はありませんが、何か自分なりにリラックスする手段を見つけられると、乗り越えやすくなるかもしれません。

みか さん
リラックスすることが大切なんですね。

ちり さん
例えばスポーツで汗をかいたり、泣ける映画を観る、なんて言うのも効果的です。

手軽なものとしては、入浴もよいでしょう。

その場合は熱いお湯につかるよりは、ぬるめのお風呂に30分程度ゆっくり入るとよいと思います。

副交感神経が優位になりリラックスするとともに、身体が温まり便秘解消の効果も期待できます。

便秘に効くレシピ紹介





ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶