腸の動きを活性化することが重要


便秘が続いていたり、お腹が張って苦しい、または残便感があるなどの症状にお悩みの方もいらっしゃる事と思います。
これらの症状と腸は大きく関係しています。
身体の健康を守り維持するために、腸はとても大切な器官になりますが、その腸でトラブルが起きていると言うことは、身体としても大問題と言えるでしょう。
腸トラブルによる便秘などが続くと肌トラブルや頭痛などの全身の不調にもつながりますし、それをそのまま放置していれば、やがて腸閉塞や大腸がんなどの重篤な病気に発展してしまう可能性も否定できません。

みか さん
便秘が続いているせいか、お腹が張って、肌荒れもしています。

何とかしたいです……


ちり さん
便秘やお腹の張り、また残便感などは、すべて腸の中の環境が悪化する事で引き起こされています。

便秘を解消するには腸の環境を改善することが大切です。

こちらでは腸の働きが悪くなる原因と、腸の環境を改善する方法について詳しく説明していきます。

腸の基礎知識

ちり さん
まずは腸の基礎知識について紹介していきますね。

私達人間の身体の健康を保っているのは、腸のおかげだと言っても過言ではない程です。
腸が正常である事は、古くから身体全体の健康につながると考えられているのです。
特に昨今の研究では、腸管にある腸管免疫の働きが大変注目されています。
そこには身体の免疫力の実に7割が集中しているという事がわかってきたのです。
ですから腸の中の環境を整えて、免疫力をアップすることは、今後健康に人生を過ごせるかという事につながっていると言えるでしょう。

腸とは

「腸」とは、口から摂取した食べ物や飲み物から栄養を吸収したり、ウィルスや細菌から身体を守る器官です。
腸が吸収した栄養によって、身体は作られます。体質や血液の質などもそれによって決まってきます。
腸は私達人間が生きていくのに、大変重要な器官と言えるでしょう。

ちり さん
腸は以下のような理由から腸は第二の脳と呼ばれています。

腸は独自の神経機能を持っています。
腸の中に入ってきたものを、身体に必要な物かそうでないかを判断して記憶します。
必要なものは消化吸収し、必要でないものは便として排出します。
また脳の神経伝達物質である「セロトニン」のおよそ95%が、腸で作られる事がわかってきました。
このセロトニンは別名幸せホルモンとも言われるほど、人間の精神の安定をコントロールするものです。
ドーパミンやアドレナリンとともに三大神経伝達物質と言われ、脳や中枢神経で働きます。
そのセロトニンのほとんどが腸で作られるために、腸は第二の脳とも呼ばれているのです。
人間が健康で幸せに生きていくのに、大きな影響を与えるのが腸という事になります。

腸の種類と働き

腸は小腸と大腸に分かれます。それぞれについて見ていきましょう。


ちり さん
まずは小腸の働きについてになります。

小腸は身体の中で一番長い器官で、約6メートルほどあると言われます。
小腸はさらに胃に近い所から、「十二指腸」「空腸」「回腸」に分けられています。
小腸の主な働きは、摂取した食べ物や飲み物の消化・吸収になります。
小腸の中は絨毛と言われるひだ状態になっています。
このひだから栄養は吸収されて、それが血管を通して全身に運ばれていきます。
また小腸の細胞は生まれ変わりが早く、用済みになった古い細胞は大腸に運ばれて食べ物のカスと一緒に便として排出されます。


ちり さん
次に大腸の働きについてになります。

大腸は「上行結腸」「横行結腸」「下行結腸」「直腸」に分かれており、全部で1.5mから2m程の長さがあります。
小腸で消化吸収しきれなかった食べ物のカスから水分を吸収して、便を作るのが大腸の大きな役目です。
小腸と大腸は盲腸によってつながっています。
その盲腸には6cmほどの虫垂があります。
そこにはリンパ組織が無数にあり、生体防御の働きを担っています。
口から体内に入ってきた様々な細菌やウィルスに対応する機能があります。
防御反応が強すぎた場合には、虫垂炎が引き起こされます。
盲腸を通り上行結腸へと流れた食べ物のカスは、横行結腸にて水分を吸収されて泥状になります。
さらに下行結腸まで進むと、そこで水分やナトリウム電解質が吸収され、半固形状態になります。
そこから直腸に進みながら便は固形になり、そのまま肛門から排出される事になります。


ちり さん
便についての説明になります。

便は約8割は水分で成り立っています。
残りの2割の部分は、食べ物のカスと、腸の中にいた細菌の死骸や食物繊維になっています。
良い便と言われるのは、バナナ状で色は黄土色やこげ茶です。
一般的に食物繊維を多く摂っていると、よい便になりやすくなります。
下痢や泥状の便、逆にころころした小さくて固い便は、悪い便と言えます。
薄茶色や白または黒褐色などの色をしています。
野菜をあまり食べないで、肉ばかりを食べているような人は食物繊維が不足して、便の状態も悪くなりがちです。
便に水分が少ないと硬くなり、便秘や痔になりやすくなります。

便の重要性とは

健康な便であれば、色や形または状態も良く、それがある程度溜まれば自然に蠕動運動によって身体の外に排出されます。
しかし腸の中の環境が悪化して便が腸の中で留まっていると、便は段々と腐敗し始めます。
そして腐敗したことによって身体に有毒なガスを発生させます。
そのガスは腸壁から吸収され、血管を通して全身に運ばれていきます。
その結果身体中に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
また腐敗が進むと、大腸の粘膜を刺激することにもなり、そうすると大腸がんの原因になる事もあると言われています。


腸の環境を決める腸内細菌
腸の中には重さ約1500g、個数であれば600兆~1000兆個もの腸内細菌がいると言われています。
その腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」があり、これらのバランスにより、腸の中では発酵や腐敗が進むのです。
善玉菌は発酵を促す良い菌です。
逆に悪玉菌は腐敗を進ませる悪い菌と言えます。
そして日和見菌ですが、これは善玉菌と悪玉菌のうち多い方の味方をする菌です。
腸の中の環境を良くするためには、できるだけ善玉菌を多くして、日和見菌に味方になってもらう必要があると言えます。


腸の中には大量の免疫細胞
食べたものの消化吸収や、そこから便を作る事だけが腸の働きではありません。
腸の中には身体の免疫細胞のうち、およそ7割が集中しています。
それは外から入ってきた身体に悪いものを、撃退する役割を果たします。
腸にある免疫細胞が活性化すれば免疫力は高まって病気になりにくくなり、逆に免疫細胞が減少すれば免疫力が低下して、病気になりやすいと言えます。
身体の中では1日に3000個ものがん細胞が発生していると考えられています。
細菌やウィルスだけではなく、そうしたがん細胞も腸の免疫細胞は撃退しています。
できたがん細胞は免疫細胞の力でその時点で死滅するので、すぐにがんになる事はありません。
しかし免疫力が低下している状態が続くと、がん細胞が死滅しきれず少しずつ増え、やがて悪性腫瘍になってしまうのです。
ですから免疫細胞が集まっている腸を活性化させることが、健康に生きていく事につながっているという事になります。

みか さん
腸が活性化すれば免疫力が高くなって病気になりにくくなるんですね。

腸が動かないとは

ちり さん
腸の中の環境が悪化すると、動かない腸になる方が多いと考えられています。

腸が動かない状態というのは、どのような事を言うのか説明していきますね。

腸が動かない状態

消化吸収や排便をスムーズに行える事ができれば腸の動きは正常と言えます。
腸は柔軟でよく動く器官です。
しかし腸の中の環境が悪化すると、腸は動かなくなってしまって、身体中に様々な悪影響を及ぼすようになります。
腸が柔軟さを失って動かなくなると、便を押し出すこともできなくなり便秘になります。
腸の中に長い時間便があると、やがて腐敗が進んで身体に有害なガスを発生させ始めます。
このガスが腸壁から吸収されて血液と共に身体中を巡る事で、肌トラブルやイライラなどの症状も出てしまいます。
このように腸が動かなくなる事を、「停滞腸」と呼びます。

腸が動かなくなる原因とは

みか さん
腸が動かなくなる原因にはどのようなものがあるんですか?

ちり さん
下記のような原因があります。

・運動不足
・生活習慣の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・姿勢が悪さ

それぞれ見ていきますね。


みか さん
よろしくお願いします。


ちり さん
まず1つ目の原因は運動不足になります。

便秘に悩んでいる方の多くは運動不足の傾向があります。
運動不足で筋力が低下すると、腹筋や背筋など排泄に関わる筋肉も衰え、腸が動かない原因となってしまうのです。
腸の周りの筋肉は内臓を支える働きもあるため、そこの部分の筋力が弱くなる事によって腸も下がり、腸の動が動かなくなってしまう事もあります。


ちり さん
2つ目の原因は生活習慣の乱れになります。

食生活や生活習慣によって腸の動きが悪くなる事もあります。
食事の時間が不規則であったり、よく暴飲暴食してしまうような方は、胃や腸への負担が大きくなります。
また生活習慣が乱れてしまうと、自律神経のバランスも乱れ、それによって消化不良なども起こしやすく、腸の働きも低下してしまいます。
さらに過度なストレスやダイエットも、腸の動きを悪くする原因となります。


ちり さん
3つ目の原因は女性ホルモンバランスの乱れになります。

女性の場合、腸の動きは女性ホルモンにも影響されます。
黄体ホルモンによって腸の動きが抑えられるので、生理前や妊娠中は便秘になる人が増加します。
ホルモンのバランスが崩れると、さらに腸の動きも弱まります。
ホルモンバランスを整える事は、腸の働きを良くし、腸の中の環境を改善する事にもつながると言えるでしょう。
また逆に腸内の環境が悪くなると、女性ホルモンのバランスも乱れてしまう事もあります。


ちり さん
4つ目の原因は猫背等の姿勢が悪さになります。

姿勢が悪かったり猫背の人は、腸が動きにくい事があります。
原因不明の下痢や便秘の原因が、姿勢の悪さだったと言うケースが実際にあるのです。
胃や腸などの臓器は、横隔膜の下の腹腔にあります。
通常の状態であれば、身体の動きに合わせ腹腔内を柔軟に動いています。
しかし猫背になった状態だと、背中が丸まって腸を圧迫してしまうのです。
そして圧迫された腸はゆがみが生じて、便秘や下痢、また食欲不振などの症状が出てしまう事があるのです。

腸が動かない事によって現れる症状とは

みか さん
腸の動きが悪くなるとどんな症状が出てきますか?

ちり さん
具体的には以下のような症状が出てくることがあります。

  • 便秘
  • 下痢
  • 便が硬くなる
  • 腹痛
  • お腹の張り
  • おならがよく出る
  • 胸焼け
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ、肌トラブル
  • 集中力がなくなる
  • イライラ
  • アレルギー発症
  • 代謝が低下することで太りやすくなる

腸の動きが悪く便が腸の中に長く留まると、そこで腐敗し身体に有害なガスを発生させます。
このガスでお腹が張ったり、おならが沢山出たりする上に、口臭や体臭の原因にもなります。
腸壁から吸収された有害ガスは血液に乗って全身を巡るため、肌トラブルの原因となる事もあります。
また腸は脳とつながっているので、腸の中の環境が悪くなると、ホルモンバランスや自律神経バランスも乱れ、それによってイライラしたり頭痛が起こったりもします。
さらに小腸の動きが悪くなった場合には、必要な栄養素を吸収できなくなり、そうなると代謝も低下します。
代謝が低下すると脂肪を分解できなくなるので、老化や肥満を進めてしまう事にもなり兼ねません。
また腸の動きが悪くなり、腸内の免疫力が低下するとアレルギーを発症したり状態が悪くなったりしてしまう事もあります。

考えられる病気

みか さん
腸が動かなくなると、どのような病気のリスクが高まりますか?

ちり さん
様々な病気を発症するリスクが高くなります。

代表的なものを紹介します。


ちり さん
まずは多くの日本人の方が悩んでいる弛緩性便秘になります。

運動不足の人や、おなか回りの筋力が低下しがちな高齢者に多く見られます。
弛緩性便秘とは、いわゆる一般的な便秘です。
コロコロとした硬い便や、お腹が張る、残便感などの症状が出ます。
筋力が低下する事によってスムーズに排便できなかったり、お腹の中で内臓が下がって腸が緩んで蠕動運動が上手くできなくなったりします。


ちり さん
腸閉塞になります。

腸閉塞は時に命に関わる事もある、重大な症状と言えます。
何らかの理由で腸の通過障害が起きてしまい、お腹の激痛や吐き気、発熱などの症状が現れます。放置して悪化してしまうと腸が全く動かなくなり、壊死して腹膜炎を起こしてしまう事もあります。
腸閉塞の原因を探すために病院で検査したところ、大腸がんが見つかったというケースも珍しくはありません。
腸閉塞には、蠕動運動が弱くなる事で起こる機能的腸閉塞と、実際に腸管内が何らかの理由によってふさがってしまう器質的閉塞の2種類が挙げられます。
器質的閉塞は、腹部の手術をした際に起きた癒着や、ヘルニアなどが原因となります。
機能的閉塞の方は、腸の神経の異常や炎症、また食物がスムーズに排出できないなどの腸の疾患で起こります。
酷い便秘が原因となる事もあります。

ちり さん
過敏性腸症候群になります。

昨今20代の若い人に発症する事が多いのが、過敏性腸症候群です。
過敏性腸症候群の主な原因はストレスだと言われています。
精神的な不安で自律神経のバランスがくずれてしまう事で症状が現れます。
電車に乗るとトイレに行きたくなったり、会社に行こうとするとお腹が痛くなる、また常に便秘と下痢を繰り返すなどし、家で薬を飲んでもなかなか症状は改善しません。
常にいつお腹が痛くなるのか、という悩みを持ち続けているので、人によっては外出が怖くなってしまたり、うつ病を発症してしまう人もいます。


ちり さん
過敏性大腸炎になります。

過敏性大腸炎に関しても20代で発症するケースが多くなります。
腸壁に潰瘍や炎症によってただれができてしまいます。
自己免疫力の異常によって、大腸の粘膜を敵として攻撃してしまうと言われていますが、はっきりとした原因はまだ明らかになっていません。。
腹痛と下痢さらには血便を繰り返してしまいます。
ここのところお腹の調子がいつも悪いと感じている方や、頻繁に下痢が出てしまうような方は過敏性大腸炎の可能性があります。

腸を動かす方法と注意点

みか さん
腸が動かないなら動かせばいいんじゃないですか?

動かすようにすることはできないんですか?


ちり さん
確かのその通りで、腸を動かし腸の中の環境が整うようになれば、便秘などの不調の改善につながります。

ただ、何も考えずにただ腸を動かせばいいのかと言えば、そうではありません。

こちらでは腸を動かす方法と、その注意点について解説して行きます。

腸を動かす方法

ちり さん
5つの腸を動かす方法を紹介します。

まずは呼吸法からです。

便秘改善の効果が期待できる呼吸法をご紹介したいと思います。
大腸の働きを促すのは自律神経のうちの副交感神経です。
呼吸法でこの副交感神経を刺激して、腸の動きを良くしましょう。

  1. お腹に手を当てる
  2. 鼻から5秒かけて息を吸う
  3. 20秒かけて息を口から吐きだす
  4. 10回程度繰り返す

深い呼吸をすると副交感神経が刺激されて、蠕動運動も活発になる事が期待できます。


ちり さん
次に腸もみマッサージになります。

『腸もみマッサージ』は、簡単にどこでもできるおすすめな方法になります。
腸をもんで動かすことによって、腸の中に刺激を与えて、老廃物の排出を促していきます。
立っていても座っていても気軽にできるマッサージです。

  1. 指を開きウエストの両ワキにあて上下にもみほぐします。腸への刺激となります。
    細かく動かしながら、10回繰り返します。
  2. おへそを中心にしてUの字を書くように、おへそ左→おへそ下→おへそ右とマッサージします。老廃物を移動させることができます。硬い部分があったらしっかりほぐしてください。これを3周程度繰り返します。
  3. 右下腹からおへその上を通って左下腹までマッサージします。おへその下には宿便がたまりやすいと言われています。老廃物を流すようにしっかりマッサージしましょう。
  4. 両手を揃え指の先でおへそを中心に時計回りにマッサージします。腸にある便を流すイメージでゆっくり5周程度行います。

これらを順番に行う事で、小腸から老廃物を大腸に送り、大腸から肛門まで動かして便意を感じやすくなります。
便意があったら、我慢しないですぐにトイレに行くようにしてください。


ちり さん
次は腸を活性化するおすすめの食事になります。

食物繊維が豊富なものは腸に効くと言うのは有名ですが、それ以外にも腸を活発に動かすためのおすすめの食事をご紹介します。

  • ヨーグルトに食材を足す:乳酸菌が沢山含まれているヨーグルトは、腸の中の環境を整えて働きを活発にさせます。そのヨーグルトを食べる際には、グラノーラやきなこなど食物繊維が豊富な食材をプラスすると、さらに効果が期待できます。また無糖のヨーグルトに甘みを加えたい場合には、善玉菌のエサになるオリゴ糖を入れるといいでしょう。
  • <食物繊維:海藻・こんにゃく・きのこ・大豆等、食物繊維が豊富な食べ物は腸の中をお掃除してくれます。消化されにくいので、腸内をきれいにしながら進んで行くのです。便秘で悩む方は積極的に摂りたい食材です。/li>
  • 水分を多めに摂る:便はその8割が水分です。水分が不足すると硬い便になってしまってスムーズに排出できなくなってしまいます。多めに水分を摂る事で、便がスムーズに腸の中を移動できるようにしましょう。1日の目安は通常800mlから1300mlほどですが、便秘気味の方は1500ml飲むようにすると効果的です。

ちり さん
次は便秘薬についてになります。

便秘に悩んで、あまりに苦しい時には市販の便秘薬を使用する方もいると思います。
便秘薬は腸を刺激し、強制的に蠕動運動を起こし腸に溜まった便を排出させます。
即効性は期待できますが、腹痛や下痢などの副作用が出たり、常用すると効果が出にくくなるなどする事もあるため、自己判断で飲み続けるのは危険です。
できれば病院で医師に相談し、薬を処方してもらった方が安心です。

やってはいけないこと

みか さん
先程、腸を動かす方法に注意点があるって言ってましたよね?!

どんな注意点があるんですか?


ちり さん
腸を動かすために、やってはいけない事というものがあります。

腸を動かすつもりだったのに、症状が逆に悪化してしまったというようなケースもあるのです。

まずは、やってはいけないことを紹介します。

そのあとに注意点についても説明しますね。


市販薬の常用

ちり さん
便秘薬を飲まないと動かない腸になってしまうので、便秘薬の飲み過ぎには注意して下さい。

一般的にドラッグストアや薬局などで市販されている便秘薬は、下剤の成分を含み強制的に便を排出させるものです。
下痢になってしまう事も多く、そうなると腸の中に必要な善玉菌まで一緒に排出されてしまいます。
また、腸を無理やり動かすために、常用していると薬を飲まなければ動かない腸になってしまう可能性もあります。


食物繊維にも気を付ける

ちり さん
不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維をバランスよく摂取するようにしましょう。

不溶性の食物繊維ばかり摂ると逆に便秘を促進させてしまうこともあります。

便を硬くする事もある不溶性の食物繊維を沢山摂取することによって、便秘は改善されるどころか、逆に悪化する事も考えられるので気を付けた方が良いでしょう。
便を柔らかくする作用のある水溶性の食物繊維は納豆やこんにゃく、海藻類に多く含まれていますので、それらの食材を多めに摂るように心掛けて下さい。

腸を動かすときに注意する事

ちり さん
腸を動かそうとする時の注意点になります。

腸もみマッサージでの注意点
いつでもどこでも気軽にできる腸もみマッサージですが、あまり強くやり過ぎると気分が悪くなってしまう事もありますので気をつけてください。
またお腹を出してマッサージしていると内臓が冷えてしまうので、服の上から優しくマッサージするようにしましょう。


運動は適度に行う
運動不足を解消しようと考えるのは良い事ですが、だからと言って突然激しい運動を行ってしまうと、腰を痛めるなどの弊害が出てしまう事もあるので注意してください。
正しい運動をしないで骨盤がゆがんでしまうと腰の周りの血流が悪くなって、腸が冷えて動きも低下します。
軽いウォーキングや有酸素運動などを適度に行うようにしましょう。

腸に関するよくある質問

ちり さん
腸に関するよくある質問になります。

ご確認下さい。

男性と女性では便秘になりやすいのはどちらですか?

みか さん
男性と女性では便秘になりやすいのはどちらですか?

ちり さん
男性に比べて一般的に筋力が弱い女性の方が便秘になりやすいと言えます。

また女性ホルモンも便秘に関係しています。

さらにヒールなどを履くと骨盤がゆがみやすく、そのせいで腸が緩んで便秘になる方もいます。

便意を我慢するとどうなりますか?

みか さん
便意を我慢するとどうなりますか?

ちり さん
便意は腸が便を出したいというサインです。

そのサインに常に応じないでいると、腸はいずれ便意を発しなくなります。

排便の準備が整っても便意を感じないようになってしまうと、自力で排泄が出来なくなってしまう可能性もあります。

便意を感じた時には、できるだけ速やかにトイレに行くようにして下さい。

即効性のある下痢止めを常用していますが、腸への影響はありますか?

みか さん
即効性のある下痢止めを常用していますが、腸への影響はありますか?

ちり さん
下痢になるのが問題なので、病院を受診するようにしましょう。

まず下痢になる原因が問題です。腸に何らかのウィルスが侵入しているのを排出しようとして下痢になっている可能性もあります。悪い物は排出しなければいけないので、むやみに下痢止めで下痢を止めるのは良くないでしょう。
まずは下痢の原因を知るために、病院を受診しましょう。
そして必要であれば、医師に薬を処方してもらった薬を飲むようにして下さい。

腸にいい食べ方はありますか?

みか さん
腸にいい食べ方はありますか?

ちり さん
腸に良いのは、よく噛んで食べるという事です。

そうすると食べ物が消化吸収されやすくなります。

朝は腸が活発に動く時間帯なので、朝ご飯はしっかり食べるようにしましょう。

胃の調子が悪いのは腸が原因でしょうか?

みか さん
胃の調子が悪いのは腸が原因でしょうか?

ちり さん
腸の動きが悪いと、腸の中が詰まってそれが胃を押し上げ圧迫する事で、吐き気や食欲不振になることはあります。

しかし胃に直接の原因がある場合もありますので、不調が続くようであれば、医療機関を受診しましょう。

まとめ

腸の動きが悪くなる事から来る、様々な不調やその改善方法についてご説明してきましたが、いかがでしたか?
腸が健康であれば、身体全体の健康にもつながりますし、アンチエイジングも期待できます。
腸の中の環境を整えるために、蠕動運動を促すようにしましょう。
便秘などでお悩みの方は、紹介したような方法をぜひ試してみてください。
市販の薬を常用するのは危険ですので、薬を飲む際には、一度病院の先生に相談するようにしてください。

便秘に効くレシピ紹介





ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶