便通が悪いとお悩みの方に共通する原因と解消方法


便秘で悩んでいる方は多く、特に女性は今まで一度も便秘になったことがないという方を探す方が難しいくらいです。
世間には多くの便秘解消法が紹介されています。
しかし便秘になる原因は様々なので、それぞれにあった解消法を試すことが必要になります。

みか さん
慢性的な便秘で便通が悪くて困っています。

便通の悪さを解消するにはどのような方法があるんですか?


ちり さん
慢性的な便秘ということでしたら、便通が整っていない状態だと言えます。

便秘でお困りということですが、男性に多い下痢の症状も便通が整っていないことから引き起こされます。

こちらのページでは今回、便通を改善する方法について紹介していきます。

参考にどうぞ。

便通に関する基礎知識

ちり さん
まずは、便通とは何かという基礎知識について解説します。

理想的な便通とは、一体どのようなものなのか、説明していきますね。

便通とは

便通とは、便が出ることを言います。
私達は日々食べ物を摂取し、そこから栄養や水分を吸収することによって生命を維持しています。
食べ物から必要な栄養素を吸収した残りのカスや、古くなった内臓の中の細胞などの老廃物から便はできているのです。
便は毎日できますし、身体には不要なものなので、できるだけ毎日速やかに排出するのが理想です。

便通の良し悪しと理想の便通

健康的な便は70~80%程度の水分量で、重さは150g~200g程度と言われています。
適度な長さと太さがあり、排出後も形をしっかり保っている便は健康的なものです。
このような便が毎日出ることを、便通が良いと言います。
人によっては1日おきだったり、逆に1日に2回出たりという事もあるかもしれませんが、定期的に健康な便が出ているのであれば問題はありません。
しかし毎日便通があったとしても、コロコロした小さく硬い便であったり、形を保てないような水溶便であれば、便通は良いとは言えません。
腸内の環境が悪化している可能性や、病気の可能性もあります。

みか さん
毎日、排便があるのが理想ですが、それよりも便の状態がどうなっているかが大切なんですね。

ちり さん
そうですね。

単に出ればいいという訳ではなく、健康的な便が出ることが大切です。

便秘と便通の関係

便秘とは、何日間も便通がない状態を言いますが、それ以外でも毎日便通があっても量がとても少ないような場合や残便感やお腹の張りはあるような状態も便秘だと言えます。
また何日間も便通がなかった後に、下痢や軟便が出るような場合は、便秘が解消したとは言えません。
健康的な便が規則正しく出るようになった状態をもって、便秘が解消したと言えるのです。

便通が悪くなる原因

ちり さん
こちらでは便通が悪くなる原因を解説しますね。

便通が悪くなる原因

  • 腸が正常な蠕動運動を行えていない
  • 腸にポリープや腫瘍などがあり便の通りが悪くなっている
  • 身体が正常な便を作れなくなっている
ちり さん
上記のような原因が起きていると、便通は悪くなります。

規則正しい生活習慣や、バランスの良い食生活は正常な便を作ることや、正常な蠕動運動を行うために必要なことです。
また、便通が悪くなっているのは何かしらの病気が原因ということも考えられます。
便秘はありがちな体調不良として軽く見られがちですが、便秘が続くことで様々な身体の不調が出てくる可能性があるので、できるだけ早く原因を明らかにして、解消するようにした方がいいでしょう。

便秘の種類

ちり さん
便秘には大きく分けて2つの種類があります。

機能性便秘と続発性便秘になります。


機能性便秘
機能性便秘と言うのは、生活習慣の乱れやバランスの悪い食生活、またストレスや運動不足などの理由によって、健康的な便が作られなくなったり、腸の蠕動運動が正しく行われなかったりすることによって起こる便秘です。
便秘で悩む方の約80%は、この機能性便秘だと考えられています。
生活習慣や食生活を見直すことによって、解消しやすい便秘です。


続発性便秘
続発性便秘と言うのは、何らかの病気が原因となって起こる便秘です。
便は腸を通って排泄されますが、その腸に疾患があるとうまく便が通り抜けられず便秘になってしまう事があります。
便に血が混じったり、便が細くなったりするケースもあります。
生活習慣などに大きな変化がないにもかかわらず、急にひどい便秘になったというような場合は、すぐに消化器内科などの専門医を受診してください。
また女性は女性ホルモンの影響で、便秘になることがあります。
生理の前や妊娠中に増加する黄体ホルモンは、腸の働きを抑える特性があり、そのためその時期に便秘になりやすいという女性も少なくありません。
あまりひどい場合には、一度婦人科で相談してみて下さい。

機能性便秘を解消して便通を良くする方法

ちり さん
こちらでは機能性の便秘を解消して、正常な便通にするための方法を紹介しています。

食生活を見直す

ちり さん
便通を正常にするには、まずは食生活を見直しましょう。

便通を整えるのに最適なのは、まずは食生活の見直しです。
便秘を解消するには食物繊維を沢山食べた方が良いという話はよく聞きますが、実は野菜などに多く含まれている不溶性食物繊維は、あまり食べ過ぎると腸の中で水を吸って膨らんで硬い便になってしまう事もあります。
そうすると腸の中をスムーズに移動できなくなり、便秘になりやすくなります。
食物繊維を摂る時には、不溶性食物繊維だけではなく、海藻やこんにゃくに含まれる水溶性食物繊維も、同時に摂取するようにしましょう。
寒天を使ったダイエットが流行した事がありましたが、寒天は水溶性食物繊維を効率よく摂取できる食品です。
またダイエットなどで食事の量が極端に少なかったり、油分をあまり摂らなかったりしても便通は悪くなります。
油分は摂り過ぎももちろんよくありませんが、不足しても便がスムーズに運ばれなくなります。
ダイエットをする場合でも、食事の量を極端に減らさずに、カロリーの量で調整するようにしましょう。

水を意識して飲む

ちり さん
白湯や常温の水、炭酸水などの水分を意識して摂るようにしましょう。

水分が不足すると便が硬くなり、便通は悪くなります。
コーヒーや紅茶・お茶などを沢山飲んでいれば水分は足りていると思いがちですが、カフェインが入っていて利尿作用もあるので、水分を補給するには不十分だと言えます。
白湯や水、炭酸水などがおすすめです。
また成人であれば、欧州のミネラルウォーターに多くみられる硬水も良いと思います。
硬水は多くのマグネシウムを含んでいるため、便秘を解消するのに向いている水です。
また朝起きてすぐにカップ一杯の常温の水や白湯を飲むと、腸の蠕動運動が促され、便意が起こりやすくなります。

適度な運動やマッサージ

ちり さん
適度な運動やマッサージをするようにしましょう。

腹筋によって支えられている腸は、腹筋が弱まると位置が下がり蠕動運動も弱くなってしまいます。
腹筋を鍛えるのには、ただ歩くだけでも効果がありますし、腰を左右にひねるだけでも便通は改善します。
近所を散歩するようなウォーキングでもいいですし、外に出られない時には家で腰を1日20回程度左右にひねってみて下さい。
マッサージも便通の改善に効果的です。
おへそのまわりを「の」の字を書くようにマッサージしてみましょう。
便が出そうで出ない時にも効果があります。

ストレスを溜めない

ちり さん
ストレスは溜めずに発散するようにしましょう。

腸はストレスの影響を非常に受けやすい臓器です。
長い期間ストレスを受け続けると、過敏性腸症候群と診断されるような症状がでることもあります。
ストレスでは、下痢になることは多く知られていますが、逆に便秘になる事もあります。
ストレスが溜まっていると自分で感じたら、できるだけ身体を休めるようにしてリラックスできるような時間を作りましょう。

同じ時間帯にトイレに行く

ちり さん
同じ時間にトイレに行く癖を付けましょう。

朝食の後、決まった時間にトイレに行く習慣をつけると、便通が整いやすくなります。
できるだけ落ち着いてトイレに行けるように、いつもより少しだけ早起きするようにしてみましょう。

市販の便秘薬を使い過ぎない

ちり さん
市販の便秘薬を使い過ぎないようにし、使う際は用法用量を必ず守るようにしましょう。

ひどい便秘になり、食生活や生活習慣の改善では効果が見られない場合には、便秘薬を使って排出させるのも方法の一つです。
ただし用法や用量を守らずに服用すると、身体には有害となり逆効果になってしまいます。
またいつも便秘薬を使って排便する習慣が付いてしまうと、腸は蠕動運動を自分では起こさなくなりますので注意が必要です。

便通改善の薬

ちり さん
こちらでは便通を改善するための薬には、どのようなものがあるのかという事について解説していきます。

便通を改善する薬の種類

ちり さん
便通を改善する薬には次のようなものがあります。
・便秘薬
・下痢止め
・整腸剤

市販されているものもありますし、医師の処方を受けないといけないものもあります。
便秘薬には様々な種類があり、錠剤や粉末、水薬、浣腸などがあります。

どんな成分か

ちり さん
代表的な成分はビオフェルミンやシャクヤクエキス、マグネシウム、ロートエキスがあります。

便秘薬・下痢止め・整腸剤には、共通する成分も含まれています。
たとえばビオフェルミンやシャクヤクエキスなどです。
ビオフェルミンというのは乳酸菌の一種であり、整腸作用が強いので、便秘や下痢など軽い症状であれば、これを飲めば改善されます。
シャクヤクエキスは腹痛を緩和する作用があるので、便秘や下痢で腹痛の時に効果があります。
便秘薬だけに含まれる成分としては、マグネシウムがありこれは飲み過ぎれば下痢を引き起こします。逆に下痢止めだけに使われているのはロートエキスで、これは飲み過ぎれば便秘になってしまいます。

服用方法

ちり さん
説明書等に従って正しく服用するようにして下さい。

市販のお薬には必ず説明書が添付されています。
また病院で処方される薬も、同様に説明書や薬剤師からの説明があります。
それらに必ず従って服用するようにして下さい。
服用する量を選べる場合には、必ず最小の量から試してみて、効果がない場合のみ増やすようにして下さい。
浣腸などは落ち着いてトイレに行くことができる環境で使用するようにしましょう。

注意点

ちり さん
薬だけに頼らずに生活習慣や食生活を見直すようにしましょう。

便秘薬や下痢止めは、どちらも服用し過ぎれば逆の症状が出てしまいます。
要するに便秘薬を飲み過ぎれば下痢に、下痢止めを飲み過ぎれば便秘になってしまうという事です。
また長期間使っていると、効果が出にくくなる傾向もあります。
ですから便通を整えたいのであれば、薬だけに頼らずに生活習慣や食生活の見直しにも力を入れるようにしましょう。
病気が原因で便通が悪くなっている場合には、便通をよくする薬では根本的な治癒は望めませんので、薬を飲んでも効果が出ないと言う方は、一度消化器内科などを受診するようにして下さい。

便通の改善に関するよくある質問

ちり さん
下記は便通の改善に関するよくある質問になります。

ご覧下さい。

季節によって便通が良くなったり悪くなったりすることはありますか?

みか さん
季節によって便通が良くなったり悪くなったりすることはありますか?

ちり さん
冬などは特に身体が冷えると便通は悪くなりますので、カイロや腹巻などでお腹を温めるようにしてみて下さい。

便通を改善する薬は何歳位から使えますか?

みか さん
便通を改善する薬は何歳位から使えますか?

ちり さん
10歳以下の子供は、できれば市販薬は使わず、小児科医の診断を受けて処方されるお薬だけを服用するようにした方が安全です。

15歳以上でしたら、成人とほとんど変わらないと思いますが、医師や薬剤師に相談しつつ、効き目が穏やかな薬から試してみるといいでしょう

病院の診察を受ける目安はありますか?

みか さん
病院の診察を受ける目安はありますか?

ちり さん
生活習慣や食生活を見直して、1か月経過しても便通に変化がない時には一度消化器内科などを受診するようにしましょう。

もし、便が黒かったり血が混じっているような場合には、すぐに受診するようにしてください。

便秘解消に即効性のあると言われている食べ物は何ですか?

みか さん
便秘解消に即効性のあると言われている食べ物は何ですか?

ちり さん
比較的即効性があると言われているのがオリーブオイルになります。

便秘気味だと感じているならオリーブオイルを大さじ1杯程度飲んでみてください。

効果が期待できます。

まとめ

今回便通を改善する方法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
健康的な便通が続けば、身体全体の調子も良く、腸の病気にもなりにくくなります。
便秘も下痢も、どちらも身体には良くありません。
便秘が長引いてしまった時には、便秘薬を使うなどしてまずは便秘を解消し、その後生活習慣や食生活を見直し、便秘になりにくい生活を送るように心掛けましょう。
なお、急に便秘になったような場合には、一度医療機関を受診するようにして下さい。

便秘に効くレシピ紹介





ピックアップ記事

  1. 便秘茶の基礎知識

    乳酸菌入りの便秘茶
  2. 便秘茶の基礎知識

    キャンドルブッシュが配合されている便秘茶